配当金か、取り崩しか

配当金か、取り崩しか

二階堂きよしです。

今回は、ある程度の資産が形成出来た場合、どれくらい使っていいのかという事について調べてみました。

将来のことは分かりませんが、とりあえず目標の3,000万円に届いた場合、ARCCやSRETで年間200万円ほど貰えそうです。

取り崩しの場合はどうでしょうか?

S&P500とNASDAQ100、ついでに全世界株式の過去30年間を見てみます。

S&P500

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

Yahoo! Financeより引用

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

myINDEXより引用

  • 年率リターン 8.5%
  • リスク 18.4%

NASDAQ100

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

Yahoo! Financeより引用

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

myINDEXより引用

  • 年率リターン 9.4%
  • リスク 28.2%

全世界株式(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス)

チャート無し

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

myINDEXより引用

  • 年率リターン 6%
  • リスク 17.9%

取り崩しは4%が良さそう

概ね毎年4%なら取り崩しても問題無さそうですね。

配当金も本来は3%前後が正常な所なので、半分使って、もう半分は再投資が良いかもしれません。

そうなると1億円くらいは欲しくなってきてしまいますね~。

入金力を上げるか、リスクを取るか

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

楽天証券より引用

入金力を上げる場合、15年間毎月33万円ほどS&P500インデックスファンドに投資できれば1億円に達しそうです。

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

PORTFOLIO VISUALIZERより引用

リスクを取る場合、10年間毎月5万円ほどTQQQに投資できれば1億円に達しそうです。

ドラえもんからひと言

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

0