入金力が全てに勝る

入金力が全てに勝る

二階堂きよしです。

水瀬ケンイチさんの『お金は寝かせて増やしなさい』読みました。

インデックス投資の基本が分かり、マンガ付きで読みやすかったですよ。

つくづく感じたのは、投資で一財産築くには入金力が必要不可欠だなあと。

収入を増やし、年額で200万円は追加投資できるようでないといけない。

その点では、両学長は良い事言ってるなと思っています。

「人類全員が起業家になればいいのに!」は暴論でヤベー奴だと感じますが。

 

■試算してみる

前回のワンタップバイ銘柄を、15年間毎月2,000円ずつ積み立てたらどうなるかを試算してみます。

|AMDの場合

理想的なバリュー投資で株数を増やし、33,000ドルまで増やせました。

|AAPLの場合

理想的なグロース投資で資産が増え、74,000ドルまで増やせました。

|これを5銘柄に行うと?

つまり、これを5銘柄に行うと、単純に165,000ドル~370,000ドルになる訳ですね。

月々1万円を15年続ければ1,000万円手に入ると思えば容易い様に聞こえますが、個別株には大きなリスクが伴います。

そこでインデックス投資ならどうでしょう。

入金力が要ります。

でも、インデックスにレバレッジをかけたSPXLやiFreeレバレッジNASDAQ100が今はあります。

資本主義の拡大を信じるなら、暴落で株数・口数を増やし、右肩上がりになった際にレバレッジの力で資産を増やせるのではないかと思っています。

コアはiFreeレバレッジNASDAQ100、サテライトにOne Tap Buy。

■たやすいことではない

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

我ながら楽観が過ぎるとは思いますが(笑)

■でも、それでも、レバレッジ投資なら抗えると、信じてる。

Simple, Free Image and File Hosting at MediaFire

0