$ARCC と $SRET を売却しました

$ARCC と $SRET を売却しました

楽天証券2020-07-10ARCC売却

SBI証券2020_07_10SRET売却

二階堂きよしです。

表題の通り、予定変更です。

というか、勘違いしていました。

どちらも配当金再投資15年で毎月5万円ずつ入ってくる腹積もりでしたが、スプレッドシートでシミュレーションしてみると、実際は年間で10万円ずつという試算が出ました。

以下はエイリス・キャピタルに毎月500ドルずつ追加投資ありなしでの比較です。

毎月500ドル追加するだけでトータルリターンが年率平均20%くらい押し上げられますね。

インデックス投資は入金力がモノを言うというのもよく分かる結果です。

余力はTECL(Direxionデイリーテクノロジー株ブル3倍ETF)やSOXL(Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF)に投資できたら、まさに「レバレッジ投資で宇治松千夜ちゃん大勝利」を本格的に名乗れると思うのですが、残念ながら自宅の修繕費に充てます。

iFreeレバレッジNASDAQ100の毎日積立は引き続き継続します。

大和さんNASDAQブル3倍ファンドもお願いします!

毎日積立しつつ下落期にスポット購入をする事で口数が増え、上昇相場でのアクセルとなることでしょう。

現代のハイテクの隆盛がバブルでないと願って!

■現在のポートフォリオ

ポートフォリオ2020-07-10

2020-07-10ワンタップバイ

グローバル・フィンテック株式ファンドとワンタップバイの構成比率は同じくらいにしておくつもりです。

0